成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

「あきた千秋公園桜まつりの訳」は、Senshu Park Cherry Festival which we got tired of、だそうです。

2012年4月14日

朝日新聞 「東北博HP 誤訳ぞろぞろ」
http://mytown.asahi.com/akita/news.php?k_id=05000001204120005
という記事は、翻訳関係者にとって、あらゆる意味で、ものすごいものです。

事実としては、東北観光博覧会の「公式」ホームページを、機械翻訳で訳したうえ、それをまったくノーチェックでアップしたというのが真相のようですが、これほどのでたらめの英語を公式ホームページに掲載したという事実は日本翻訳史に後々まで残る「快挙」ではないかと思います。翻訳関係者の皆様、このサイトは必見です!

以下、2つだけ、例を載せておきます。私としては、「カマクラ」の翻訳が、サイコーです!!

正)あきた千秋公園桜まつり
 誤)Senshu Park Cherry Festival which we got tired of(飽きた千秋公園桜まつり)
●正)六郷のカマクラ行事
 誤)Mosquito event to use as a pillow of six volost(六つの郷のまくらに使う蚊の行事)(注:ちなみにvolostって「帝政ロシアで数個の村から成る農村共同体」だそうです)。

Categories: ことのは道中記 未分類 翻訳