成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

「こいのぼり」を英語で説明すると・・・

2012年4月11日

今日の朝トレ英語塾のレッスンではルイ・アームストロングのWhat a Wonderful Worldの歌詞を丁寧に読みました。単純な歌詞なんですが、読み込むととても深い意味を持っています。教材のページに載せてありますので、みてください。
In today’s lesson of Asatore Juku, we perused the lyrics of “What a Wonderful World” sung by Luis Armstrong. It is simple but sophisticated very much, and contains a deep and impressive meaning. I have posted it on the text section in this site.

それから、「こいのぼり」を英語で説明するレッスンをしました。皆さんのなかで、こいのぼりを英語できちんと説明できる人はいますか? 日本人が英語を学ばなければならない理由のひとつは、日本を世界にきっちりと紹介できるようになるためです。でもそれは思っている以上に難しいことです。朝トレ塾ではそのためのトレーニングを継続的におこなっていきます。ちなみに明日は「五月人形」を英語で説明するトレーニングです。
Then we had a lesson to explain Koinobori in English. How many of you can explain Koinobori in English? I am afraid that few Japanese can do it. One of the reasons why we have to study English is to explain Japan to the world in English, and it is difficult more than you expect. In this Asatore Juku, we will continuously have these kinds of trainings so that we will be able to introduce various aspects of Japan in English. Tomorrow, we learn how to explain Gogatsu Ningyo.


Categories: ことのは道中記 日本人の英語教育