成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

「~かどうか」と if/whether …

2012年1月27日

Fさんは「手話を使って客観的に出来事を表現できるかどうかを知りたい」といいたかったのですが、なかなかうまくいえませんでした。そのひとつの原因は「~かどうか」にあたる英語表現を見つけられなかったからでした。
Another grammatical point is the use of if/whether. Mr. F wanted to say “Shuwawo Tsukatte Jubun Kyakkantekini Dekigotowo Hyogendekiru kadokawo Shiritai” in English, but he couldn’t. One of the reasons was that he couldn’t translate “…kadoka” into English.

「~かどうか」にあたる英語はif/whether…です。ですから「手話を使って客観的に出来事を表現できるかどうかを知りたい」は、たとえばI want to know if/whether sign language can express events in an objective manner.と英語で表現できます。

ここでのifとwhetherはほぼ同じように使えます(入れ替え可能)。ただwhetherのほうが少しフォーマルな感じがしますので、書き言葉に適しているとされています。
“If” and “whether” are more or less interchangeable in the sentence above. To put it precisely, it is said that “whether” is generally regarded as more formal and suitable for written use.

Categories: ことのは道中記 英語と日本語