成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

ダボス会議のパネル”Tough Choices in a Time of Crisis”について

2012年1月29日

今年のダボス会議(The World Economic Forum)で”Tough Choices in a Time of Crisis”というパネルが開催されました。
At this year’s Davos Conference (The World Economic Forum) a panel discussion entitled “Tough Choices in a Time of Crisis”.

司会は国谷裕子、オープニングには野田首相がオンライン出演しました。パネルにはカルロス・ゴーンのほか日本から田坂広志(元内閣官房参与)と枝野幸夫(元官房長官)が参加しました。
KUKIYA Yuko chaired the panel, and Prime Minister Noda appeared online. The panelists include Carlos Ghosn, TASAKA Hirosi,former Cabinet Councilor, and EDANO Yukio, former Cabinet Chief from Japan.

この1時間10分の英語のパネルをみて、わたしが感じたことは次の3つです。
Watching this 70-minute English panel, I had the following three impressions.

第一は、こうした貴重かつ有益な情報がオンラインで無料で得られる時代がきたということ。
First, I was very impressed with the fact that the time has come in which we can get such important and useful information online and free of charge.

第二は、その情報がすべて英語での発信であり、英語がわからなれば得ることができないこと。
Second, the information is presented all in English, and we can’t get it unless we understand English.

第三に、日本人はたとえ田坂さんや枝野さんのような国のトップリーダーであっても、英語で世界に発信ができないということ。
Thirdly, Japanese, even the national leaders like Mr. Edano and Mr. Tasaka, can’t give their messages to the world in English.

最後に日本にとって明るい面もいくつか指摘しておきます。
Lastly, I would like to point out some bright sides for Japan.

まず司会の国谷さんはすばらしい。彼女のような日本人がいることは日本にとって大きな財産です。
KUNIYA Yuko, MC of the panel, is splendid. She must be a good fortune for Japan.

つぎに野田さんのスピーチはとてもいい。英語に翻訳されてもその内容は世界中に人々にクリアの理解できたと思います。
Prime Minister Noda’s speech is very good. The people of all over the world can clearly understand his message.

皆さんもぜひ一度、ダボス会議のサイトを見てください。(http://www.weforum.org/
I really recommend you to see the site of The World Economic Forum

Categories: ことのは道中記 英語と日本語