成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

パニックは起こったか

2011年5月4日

ここ数日、原発事故に関する情報の扱いについての議論が起こっている。放射性物質の広がり方を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)のシミュレーション結果を政府が発表しなかったことに対する批判だ。たとえば、日経新聞は5月4日の1面で、人々がパニックに陥ることを懸念して政府がシミュレーション結果をただちに公表しなかったことを痛烈に批判し、情報共有こそ社会の強さを生むものだ論評している。記事の一部をここに引用する。

(ここから引用、日経新聞5月4日朝刊1面より)
政府が情報を管理したおかげでパニックは回避され、その間に危険な状態は収束した―ー。インターネット社会でそんな危機対応はあり得ない。政府が情報を絞り込めば、それを埋めようとデマ情報が出回る。それなら「良質な情報」をあふれさせた方が、危機への耐性を強めることになる。
(引用おわり)

これを読まれて、そのとおりだと思われる方も多いことだろう。しかし今回にかぎっては、私はこの意見に同意できない。なぜなら、もし事故直後にSPEEDIのシミュレーション結果が、あの時点ですべて公表されていたならば、東京を含む関東全域で、大パニック状態が勃発していたと思うからだ。

私は仕事の関係などで、原発のあり方についてかなりの勉強を重ねてきた。反原発ということではなく、どんな仕事でも引き受ける産業翻訳者という仕事の性質上、勉強をせざるを得なかったといってよい。その結果として確信したのは、もし大規模な原発事故が起こったとしたら、その直接的な影響よりも、人々のパニックによる社会崩壊の影響のほうがはるかに大きいだろうということだった。

原発事故がある一定の限度を越えた場合、人間によるコントロールが不可能になる。強い放射能下での作業は人間にはできないからである。決死隊を組めばよいとか、ロボットを使えばよいなどという意見は、まったくの非現実論である。

実際、今回の福島原発事故では、人間のコントロールができなくなる寸前にまでいったようだ。空気抜きの仕組み(ベントという)が、一時的にせよ、動かせなくなった。そのまま動かせなかったなら、原子炉内の圧力がさらに上昇し、格納容器にクラック(ひびわれ)が生じる危険性があった。そうなれば、大量の放射性物質が格納容器から外に漏れ出し、もしそこで水素爆発や水蒸気爆発が起これば、大量の放射能物質が大気中に発散される。これが、推定される最悪のケースだった。

覚えておいてほしいのは、そうなったであろう確率は、きわめて低かったということだ。日常の言葉でいえば、それは「まず起こりえない」事態と表現してもよかった。しかし、それは同時に、あの時点で「起こらないとはいえない」事態とも表現できた。

言い換えると、そうした事態が起こったときのシミュレーションを行うことは、可能だったということである。そして、もしSPEEDIというシミュレーションモデルが、その予測をおこなっていたとすると、そのシミュレーション結果は、驚くべきものになっていたはずだ。東日本全域に強い放射能が降りそそぐというものである。もちろん、東京を含めて、である。

何度も書くが、そうなる確率は、あの時点であっても、きわめて低かった。「まず起こりえない」と表現してよいものだった。しかし同時に、それは「起こらないとはいえない」ものでもあった。

そうしたなか、もし5000枚におよぶといわれるシミュレーション結果のなかに、そうした事態をシミュレーションしたものが1枚でも入っており、それがマスコミを通じて一般市民に知られることになっていたとしたら、どうなっていたか。福島原発を基点に放射能の強さを示す真っ赤な雲が、東日本全域を覆っている図を、一般市民がテレビでみたとしたら、どうなっていたか。冷静でいられるはずがない。間違いなく、大パニックになっていたと、私は確信する。

少なくとも数百万の人々が、東京から逃げだそうとしただろう。だが、新幹線はとまっている。東名高速や中央高速は、まったく動かないはずだ。もはや、東京から逃げ出すことはできないとわかったとき、人々はどうなるか。考えただけでも、おそろしい。

じつは、お恥ずかしいことだが、私自身がパニックになった。ベントがうまく作動しないとテレビで知ったとき、これは最悪の事態も起こりえると思った。ただ、たとえそうした最悪の事態になったとしても、放射能についてはそれほど危険でないとも思っていた。放射能そのものに対して、私は根拠のない恐怖感を持っていない。

だが、その状況について政府から「詳しい情報」が流されたとき、つまり「正確なシミュレーション結果」が公開されたときには、人々はパニックになり、とてつもない社会的な騒乱が起こるだろうと、私は思った。そうなると、私と妻のような社会的に弱い立場にある人間は、どうなるかわからない。これは一刻も早く東京を離れなければならないということで、すぐに妻の実家のある長野に「疎開」した。そして、長野でテレビをみながら、政府がいつ「正確なシミュレーション結果」を出すのかを、不安な気持ちで見守っていた。だが結局のところ、政府も東電も、詳しい情報を一般市民に出すことはしなかった。情報は関係者内で隠蔽されたのである。私はそのことに心から安堵した。

最後に、日経新聞の主張に対して、反論をしておきたい。同紙は、いまのインターネット時代では、公的な情報管理によるパニック回避は不可能であると主張しているが、少なくとも今回の原発事故については、それは正しくない。たしかに中国が行っているような政治的な動きに関する情報を管理することは罪悪であり、また中東革命でもわかるように、インターネット時代にはそうした手法がある程度は通用しなくなってきていることも確かである。

しかし今回の原発事故は、そうした状況とは本質が違うものだ。一般市民は、原子力についての基本的な情報さえ持っていないのだ。そうしたなかで、日経のいうところの「良質な情報」などというものは、あり得ない。そして、この記事の書き方からすると、おそらく日経の記者自身、原子力と原子力発電に関する深い知識を持っていない。もし政府が彼らに詳細な情報を流したとしても、彼らが情報仲介者として正しい役割が果たせるとは、私には思えない。

私は、原発に関しては政府による情報管理が最もよい方法だなどとといっているのでは、決してない。今回の福島原発の事故に関しては、SPEEDIのシミュレーション結果をそのままのかたちでメディアや一般市民にすべてをオープンにしなかったことは、適切な選択だったといいたいのである。今後は、日本人の原発事故に関する知識を、すべての情報をただちにメディアと一般市民の伝えても問題がないまでに高めていくことが、必要不可欠である。

数か月後、遅くとも数年後には、当時の5000枚のシミュレーション結果が、すべて公表されることになるだろう。その際、シミュレーション結果がどのようなものであるかに、私はたいへん興味を持っている。ご存知のように、シミュレーションでは入力変数の数値を変えれば、アウトプットの数値など、どうにでもなるものだ。今回のおもな入力変数は、気象条件および放射性物質の量だが、ここをどのように設定しているのかで、結果はまったく違ってくる。そのなかで、最悪の事態をどのように設定していたのかは、私のいちばん知りたいところである。私は、原発が怖いのではない。原発を扱っている社会のあり方、そして人々の心のあり方が、怖いのである。

Categories: ことのは道中記 雑感