成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

前置表現の後置表現に対する支配力について

2010年12月10日

言語表現は時間軸における線的運動であるから、先に表現されたこと(先置表現)が後に表現されたこと(後置表現)を支配する。問題はその支配力がどこまで及ぶかということにある。一般的に“a”や“the”といった冠詞表現の後置表現に対する支配力は通常考えられているよりもはるかに広い。

では冠詞以外の言語表現の後置表現に対する支配力はどのくらいだろうか。まずits, his/her, theirなどの代名詞所有格だが、これらの後置表現に対する支配力は冠詞と同じと考えてよい。インターネットで見つけたものだが、hisについては次のような例がある。

My main impression was of Dad working all day downtown at the station and his seldom being home, of his playing the piano or organ at nightclubs and bars from eight in the evening until one in the morning, and his entertaining at private parties or special affairs on his night off.

下線をした3つのhisが支配している範囲はそれぞれの後置表現すべてである。

それ以外の表現のなかで興味深い例のひとつがat leastの後置表現に対する支配範囲である。以下の例文は国際会計基準の規準書の一部である。

To comply with IAS 1, an entity’s first IFRS financial statements shall include at least three statements of financial position, two statements of comprehensive income, two separate income statements (if presented), two statements of cash flows and two statements of changes in equity and related notes, including comparative information.

これは一見すると異様な構文である。統語構造はSVOで、Sがan entity’s first IFRS financial statements、Vがshall include、そしてOがthree statements of financial position, two statements of comprehensive income, two separate income statements (if presented), two statements of cash flows and two statements of changes in equity and related notesである。

問題はOの内部構造にある。A( three statements of financial position), B(two statements of comprehensive income), C(two separate income statements (if presented)), D(two statements of cash flows) and E(two statements of changes in equity) and F(related notes)というかたちをしている。このようなA, B, C, D and E and Fという並列構造は英語では許容されない。だがこの英文は世界中が認めた規準書の一部であるから、間違いではない。とすれば、この異様な並列構造を許容させる明確な理由があるはずである。

その明確な理由がat leastの存在である。つまりA( three statements of financial position), B(two statements of comprehensive income)の前にあるat leastが、AからEまで(three statements of financial position, two statements of comprehensive income, two separate income statements (if presented), two statements of cash flows and two statements of changes in equity)を支配しているのである。なぜ支配できるかというと、AからEまでには数量(two, three)が使われており、それがat leastと呼応するからである。すなわちOの内部構造は、A, B, C, D and E and Fではなく、[at least ( A, B, C, D and E)] and [F]である。

at least以外にもさまざまな副詞表現が後置表現を広く支配している。これからもそうした例をできるだけご紹介していきたい。

Categories: ことのは道中記 日本人の英語教育