成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

大仰な表現

2010年7月4日

「Nominalization」でご紹介したようにAcademese、Legalese、Bureaucrateseの典型的な特徴は受動態と名詞化の過剰使用である。こうした特徴は接続詞や助動詞などの部分にも顕著に現れる。ここではその実例をみてみることにしよう。テキストとしてはやはりJoseph M. WilliamsのStyle(初版)を用いることにする(一部変更している)。

☆☆☆

まず理由をあらわす接続詞because, since, whyについては、以下のように書き換えることができる。

because, since, why

the reason for
for the reason that
due to the fact that
owing to the fact that
in light of the fact that
considering the fact that
this is why

こうすることでセンテンスは大仰になり、その分「賢く」みえる。例文は以下のとおりだ。

It is difficult to explain why we didn’t finish the investigation on schedule.
(なぜ予定どおりに調査が終わらなかったかを説明するのは難しい。)

It is difficult to explain the reason for the delay in the completion of the investigation.
(調査完了の遅延の理由を説明するのは困難である。)

逆接をあらわすalthough, even thoughについては、以下のように書き換えることができる。

although, even though

despite the fact that
regardless of the fact that
notwithstanding the fact that

例文は以下のとおり。

Even though we checked the results again and again, we found serious errors in the findings.
(データは何度もチェックしたが、それでも結論に大きな間違いがいくつも見つかった。)

Despite the fact that the result s were checked several times, serious errors crept into the findings.
(データは数度にわたり精査されたにもかかわらず深刻な間違いが結論に紛れ込んでいた。)

条件をあらわす接続詞ifについては、以下のように書き換えることができる。

If

in the event that
if it should transpire/happen that
under circumstances in which

例文は以下のとおり。

If the materials don’t arrive on schedule, contact the shipping department at once.
(予定どおりに資材を受け取れないときには、すぐに発送部に連絡してください。)

In the event that the materials arrive after the scheduled date, contact the shipping department immediately.
(資材が予定日以降に到着した場合には、直ちに発送部までご連絡下さい。)

時をあらわす接続詞whenについては、以下のように書き換えることができる。

when

on the occasion of
in a situation in which
under circumstances in which

例文は以下のとおり。

When a class is overenrolled, you may request that the instructor reopen the class.
(講座申込が多すぎるときには、その講師が講座を再開するように求めてよい。)

In the situation in which a class is overenrolled, you may request that the instructor reopen the class.
(講座に申込が過剰になされた場合、その講師が講座を再開するように要求してもよい。)

順序の接続詞before, after, asについては、以下のように書き換えることができる。

before, after, as

prior to
in anticipation of
subsequent to
following on
at the same time as
simultaneously with

例文は以下のとおり。

Before your apprenticeship expires, apply for full membership.
(臨時会員の期間が満了する前に正会員に申し込みなさい。)

Prior to the expiration of the apprenticeship period, it is incumbent upon you to make application for full membership.
(臨時会員期間の満了以前に正会員への申し込みを行う義務を有する。)

☆☆☆

ここからは、接続詞以外の大仰な表現をみていくことにする。
まず前置詞aboutについては、以下のように書き換えることができる。

about

as regards
in reference to
with regard to
concerning the matter of
whher ( ) is concerned

例文は以下のとおり。

I should like now like to make a few observations about contingency funds.
(危険準備金について、いくつか所見を述べたい。)

I should now like to make a few observations concerning the matter of contingency fund.
(危険準備金の件に関して、いくつか所見を述べたい。)

助動詞must, shouldについては、以下のように書き換えることができる。

must, should

it is crucial that
it is necessary that
there is a need/necessity for
it is important that
it is incumbent upon
cannot be avoided

例文は以下のとおり。

Inspect all welds more carefully.
(すべての溶接部をもっと綿密に検査しなさい。)

You must inspect all welds more carefully.
(すべての溶接部をもっと綿密に検査しなければならない。)

There is a need for more careful inspection of all welds.
(すべての溶接部のさらに綿密な検査の必要性がある。)

The proposed North-South Thruway must not displace significant number of residents.
(提案されている南北ハイウェイが数多くの住民の立ち退きにつながってはならない。)

It is important that the proposed North-South Thruway not displace significant numbers of residents.
(提案されている南北ハイウェイが数多くの住民の立ち退きにつながらないことが重要である。)

助動詞canについては、以下のように書き換えることができる。

can

is able to
is in a position to
has the opportunity to
has the capacity for
has the ability to

例文は以下のとおり。

We can make you a firm offer for your house.
(我々はあなたの家に対する確定申し込みを行うことができる。)

We are in a position to make you a firm offer for your house.
(我々はあなたの家に対する確定申し込みを行う立場にある。)

助動詞may, might, can, couldについては、以下のように書き換えることができる。

may, might, can, could

it is possible that
there is a chance that
t could happen that
he possibility exists for

例文は以下のとおり。

Nothing may come of these preparations.
(こうした調合からは何も生じないかも知れない。)

It is possible that nothing will come of these preparations.
(こうした調合からは何も生じない可能性がある。)

最後に、比較のmore, less/fewer; better, worseについては、以下のように書き換えることができる。

more, less/fewer; better, worse

increase, decrease

例文は以下のとおり。

More universities are offering adult education programs.
(成人教育プログラムを開講する大学が増えている。)

There has been an increase in the number of universities offering adult education programs.
(成人教育プログラムを開講する大学の数が増加している。)

We have noted that applicants are less qualified.
(我々は申込者の適性が落ちていることに気づいた。)

We have noted a decrease in the quality of applicants.
(我々は申込者の適格性の低下に気づいた。)

☆☆☆

もちろんシンプルに書くほうが基本的に望ましいが、場合によってはわざと大仰に書かなければならないこともあるだろう。そのために両方を書けるようになっておくことが望ましい。なにより重要なことは、こうした表現上の違いは意味とは無関係であることをしっかりと認識しておくことである。

Categories: ことのは道中記 日本人の英語教育