成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

日本のこれからのリーダーは英語をしっかり勉強すべき The next leaders in Japan should study English very hard

2012年1月29日

この前の投稿でわたしは、日本人は英語で世界に向けてメッセージを送ることができないと論じました。
At the last posting, I argued that Japanese can’t give messages to the world in English.

この指摘に対して通訳を使えば十分であるという反論があるかもしれません。
Some might have a counterargument that we can use interpretation and that is enough.

わたしは長いあいだサイマル・インターナショナルという日本でトップの通訳団体とともに仕事をしていますのでこれをいうのはたいへん心苦しいのですが、残念ながら通訳を介在するコミュニケーションは、少なくとも今回のパネルのような国際的にきわめて重要なケースでは十分ではありません。
I have been working with Simul International, the leading company in the interpretation industry in Japan for a long time, and I am very sorry to say this thing; at least in critical situations of international matters such as this panel, the communication through interpretation is not enough.

たとえば今回のパネルでも、通訳を介在したために日本からのメッセージが明確に世界の人々に十分に伝わっていない印象を受けました。なかでも田坂氏の伝えたいメッセージはうまく伝わっていません。ただ、ここで通訳さんの名誉のために一言付け加えておくと、田坂氏のメッセージそのものがうまく構成されておらず、何をいいたいのかがわからないことも事実です。
In this panel, for example, I had an impression that the messages from Japan were not sufficiently given to the people in the world because of the limitedness of interpretation. In particular, Mr. Tasaka’s message was poorly interpreted and insufficiently given to the public. Here I have to say for the honor of interpreter that the message itself was rather disorganized and hard to understand what the point is.

これからの日本のトップリーダーたちはもっと英語をしっかり勉強して、通訳を通じてではなく英語をつうじて自分自身の考えていることを世界中の人々に伝えていかなければなりません。それができなければ日本はグローバル化の進む世界で大きなハンディキャップを負うことになります。もし彼らがそれにいま気づかなければ日本に明るい未来はないとわたしは思います。
The next leaders in Japan should study English very hard, and give their ideas to the people all over the world in English, not through interpretation. Unless they can do so, Japan will be handicapped heavily in the rapidly globalized world society. I think that Japan will not have a bright future unless they notice this fact right now.

Categories: ことのは道中記 英語と日本語