成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

日本のジャーナリストは変革する勇気をもたない腰抜け Japanese journalists are cowards, having no courage to change the status quo

2012年1月29日

さきのWorld Economic Forumのパネルディスカッションに関する投稿で、わたしは国谷裕子さんを高く評価しました。その反対に、わたしは日本のジャーナリストの大半をきわめて低く評価しています。はっきりいえば、彼らは変革する勇気をもたない腰抜けです。そのほとんどが日本語と英語のバイリンガルで記事を書こうとはしないからです。
At the posting concerning the panel of World Economic Forum, I highly appreciated Ms. Kuniya. On the contrary, I don’t appreciate most of other Japanese journalists at all. To be frank, they are all cowards, who have no courage to change the status quo. They don’t try to make their writings bilingual.

紙媒体しかなかったかつての時代とは異なり、現在ではあらゆる情報がインターネット上で瞬時に世界中に広まります。すべてのジャーナリストは、この根本的な変化にあわせてみずからを変えていかなければなりません。
Unlike the old days when we had nothing but paper media, nowadays, every information spreads all over the world immediately on internet. All journalists should change themselves, corresponding to this fundamental change.

ところが、日本のジャーナリストのほとんどがみずからを変えようとしていません。いまも日本語だけで文章を書いており、英語では書きません。彼らがターゲットとしているのは日本人だけであり、世界の人々に自分のメッセージを自分自身の手で届けようとはしないのです。
Most of Japanese journalists, however, do not try to change themselves. They still write their prose only in Japanese, not in English. Their target reader is only Japanese, and they never try to give their messages to the people all over the world in their own way.

日本のジャーナリストが自分を変えようとしないおもな理由は、二つあります。ひとつは、彼らはグローバル競争にさらされることがないことです。なぜなら外国のジャーナリストは日本語で書けないので日本のジャーナリズムに参入してこないからです。

There are two main reasons why they never try to change themselves. One is that they are never exposed to global competition. Foreign journalists can’t enter into Japanese media market as they do not have the capacity to write in Japanese.

もうひとつは彼らが現在の日本のジャーナリズム制度のなかで大きな既得権益を持っているからです。公的な情報を会員ジャーナリスト以外には提供しない記者クラブ制度は、その象徴です。この制度があるかぎり、フリーのジャーナリストが公的な情報を手にいれるのはほぼ不可能です。
Another one is that they have a big vested interest in the present Japanese press system. The symbol of this vested interest is so-called “press clubs” system. The press clubs are located in governmental organizations, and the only limited members of the club can access any public information provided by the government. It is almost impossible for freelance journalists to get public information as long as this system exists.

こうした背景を受けて現在も日本のジャーナリストの多くが、国際的になるというリスクを避け、仲間内のつまらない特ダネ競争に明け暮れています。
Under this situation, many Japanese journalists, avoiding a risk to be international, spend their time to get ridiculous scoops among the comrades.

わたしの意見はあまりにも日本のジャーナリストに厳しすぎると思われるかもしれません。あるいは異論のあるジャーナリストの方もいるかもしれません。そうした方にはぜひコメントをいただきたいと思います。もちろん、日英のバイリンガルで。
Some people might think that my opinion is too harsh for Japanese journalists, or there can be Japanese journalists who are against me. I really would like to receive their opinions and comments, of course, both in Japanese and English.

Categories: ことのは道中記 英語と日本語