成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

日本の新聞(ジャーナリズム)への警鐘 Warning to Japanese Journalism

2012年1月30日

早稲田大学の川本裕子さんが日本の新聞(ジャーナリズム)に対する意見を述べている記事をみつけました。

川本 裕子 – 新聞案内人 :新s あらたにす(日経・朝日・読売)
http://allatanys.jp/B001/UGC020006820120129COK00994.html

私がこれまでに書いたものとあまりにもダブっているのでびっくり。みんながいまの新聞に失望し、そして改革に期待しているのです。一部、抜粋します。

「筆者は授業でよくG8やG20のコミュニケ、欧米政府・中央銀行のステートメントを資料として使うのだが、日本の新聞の報道と内容のニュアンスが違って戸惑うことがある。先日もワシントンの会議を取材に行ったという記者に「コミュニケは読んだの?」と聞いたら「財務省のレクを聞きました」とのことだった。日本政府のブリーフィングだけに依存していては、世界に通用する報道の質は実現できないのでは、と懸念される。」

KAWAMOTO Yuko, professor of Waseda University, commented on Japanese newspapers at ARATANISU. I was surprized to read it because her opinion is almost the same as mine. I realized that everybody has been disappointed with the present journalism in Japan and expects the innovation. I excerpt a part of it below.

“I often use at my lectures the communiques of G8 and G20, and statements of governments and central banks, and I often wonder why the contents are a little different from what Japanese newspapers explain. The other day, I asked a journalist, who visited Washington to cover an international conference, whether he had read the communique. He answered that he had not read and instead received the lecture from the Ministry of Finance. I am afraid that such a dependence on the government would prevent Japanese journalism from being international.”

Categories: ことのは道中記 雑感