成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

最上級と”the” the superlative and “the”

2012年1月27日

今日のスピーチの練習では、いくつか文法事項について話しました。
In today’s speech lesson, I talked about some grammar points.

ひとつは「最上級」の使い方です。最上級は、ある種のモノやコトのグループのなかで一番のレベルにあるものを示すときに使われます。
The first is the use of “the superlative”. The superlative is used to say what thing or matter has the most of a particular quality within a group or of its kind.

Sさんは出版社にお勤めですが、これまでの仕事のなかで一番おもしろかったのは子供の本をてがけたときだったそうです。それを英語でいうには、最上級をつかわなければなりません。たとえば「以前に子供の本を手掛けたことがあります。これまでで「一番(最も)」たのしかった仕事です。」というには、英語ではI once edited a child’s book. It was the most enjoyable job (that/which) I ever had.またはI have made a book for children. That was the job (that/which) I enjoyed the most.などという表現ができます。

Mis. S is working for a publishing house. In the lesson, she said to us, “Izenni Kodomono Honwo Tegaketakotoga Arimasu. Koremadede Ichiban Tanoshikatta Shigoto desu.” Using the superlative, you can translate this Japanese prose into, for example. “I once edited a child’s book. It was the most enjoyable job (that/which) I ever had.” or “I have made a book for children. That was the job (that/which) I enjoyed the most.”

最上級にはthe most, the largestというようにtheのつくケースがよくみられますが、しかし必ずtheがつくわけではありません。most, largestというようにtheのつかない最上級の使い方もよくみられます。
In the superlative, “the” is often put before the word, but it is not always so. It is often the case that “the” isn’t put before the word.

まとまった特定グループのモノやコトについて話しているときには「その中の一番」と明確化されているのでtheをつけるのですが、そうした特定グループをイメージしていないときには明確化できないので最上級であってもtheはつけません。つまり「最上級には“必ず”theをつける」という文法ルールはないのです
When we talk about a particular group of things or matters, we should put “the” before the word because we can image that it is the only one in the group. When we talk about one of general things or matters, we should not put “the” before the words because we can’t image a particular group itself. There is no grammatical rule of “you should ‘always’ put ‘the’ before the superlative.”

Categories: ことのは道中記 英語と日本語