成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

笑顔が少ない

2010年9月14日

8月31日、日本初の「英語教育系」ロックンロールバンドであるJETの初ライブが無事終了した。英語発音レッスンとロックンロールライブの「ハイブリッド」という試みは成功だったのではないかと判断している。プリウスほどじゃないけどね。

最後のアンケートでもおおよそ好評だった。うん、よかった、よかった。でもひとつ気になるコメントが。「せっかくステージにいるのに、笑顔が少ない」。なるほど。いやまったく気づかなかった。そうか、笑顔かあ……。

たしかに笑顔をつくろうという意識はなかった。笑顔って無理に「つくる」もんじゃないって思ってたからね。でもステージにのぼるかぎりは教師も「エンターティナー」なんだ。であれば無理にでも笑顔をつくることが大事なんだとハタと気づいた次第です。

ということで、これからはステージ(教壇)のうえでは、できるかぎり笑顔をつくろうと思います。最初は、みていて気持ち悪いかもしれないけどね。

Categories: ことのは道中記 雑感