成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

菅首相の英文ブログは一刻もはやくクローズすべき

2011年8月18日

昨日(8月17日)、たまたま菅首相のブログの英文版を見つけました。読んでみて驚きました。英語がひどいのです。日本語版からの翻訳なのですが、おそらく官邸のなかの日本人スタッフの誰かが翻訳したものをそのまま掲載しているのではないかと思われます。どのようにひどいのかを示すために、8月9日のブログ「逆行を許さず、人も仕組も入れ替えて」の日本語版と英語版を対照して以下に検討してみます。

☆☆☆

まずタイトル部分です。

逆行を許さず、人も仕組も入れ替えて
Replacing both people and structures to ensure no backsliding

replacing peopleとは何でしょう。なぜpeople(人々)をreplaceしなくちゃいけないのでしょうか。Structuresという冠詞なしの複数形の名詞が意味するところも曖昧です。backslidingをWikipediaで調べると次のようにあります。“Backsliding is a term used within Christianity to describe a process by which an individual who has converted to Christianity reverts to pre-conversion habits and/or lapses or falls into sin.” backslidingとは「異教徒がせっかくキリスト教に改宗したのに、その信仰を捨てて元の悪業や不信心に戻っていくこと」です。以上のことをふまえてReplacing both people and structures to ensure no backslidingを日本語に反訳してみると「(キリスト教に改宗したが)もとの悪行や不信心に戻らないように、一般の人々とさまざまな構造や組織を、いま取り替えているところ」になります。管首相がいいたいのはそうではなく次のことだと思います。

We will make the fundamental organizational change and personnel reshuffling of nuclear administration and will never go back to the old regime.

以下、本文パートです。パラグラフごとに、日本語、それに対応する官邸のつくった英語、それから私の試訳を順番に載せます。

「6日と今日(9日)、66年目の広島・長崎を訪ねました。両日とも、被爆者の皆さんや、去年から政府が委嘱を始めた「非核特使」の皆さんから、お話を伺う時間を持ちました。(その本題については、機会を改めて記します。)この席で、何人もの方から東電福島原発事故を心配する発言があり、原発に依存する社会から脱していって欲しいという強い希望が語られたことは、大変に印象的でした。」

On the 6th and today (the 9th), I visited Hiroshima and Nagasaki for the 66th anniversary of the atomic bombings. In each of these cities I had the opportunity to listen to atomic bomb survivors and those serving as Special Communicators for a World without Nuclear Weapons, whom the government began commissioning last year. (I will be writing about that subject on a separate occasion.) At these sessions, a number of people conveyed their worries about the TEPCO’s Fukushima nuclear power plant accident and their fervent wishes that Japan move away from being a society that relies on nuclear power, leaving a great impression on me.

これはおそらく次のようなことをいいたいのだと思います。

On August 6 and 9 in Hiroshima and Nagasaki I had the opportunities of talking with atomic bomb survivors and those who were commissioned last year as Special Communicators for a World without Nuclear Weapons. At the meetings I was deeply impressed to hear that many of them conveyed their concern about the Fukushima nuclear plant disaster and expressed a strong desire to replace the present nuclear energy dependent society with a nuclear energy free one.

次です。

「私自身も、式典の挨拶では、先月13日の会見で明示した《脱・原発依存》の方針を改めて表明しましたが、ただ言葉を繰り返しているだけではありません。先月13日と今現在を比べると、言葉の裏打ちとなる実務は、着実に前進しています。今まさに、この方針を推し進めるための《行政の仕組の変革》が、目に見える形で始動したところです。」

In the addresses I delivered at the Peace Memorial Ceremonies, I myself asserted once more the objective of becoming ‘a society that is not dependent on nuclear power,’ which I first laid out at a press conference on July 13. However, I was not simply repeating what I said earlier. Compared with July 13, currently the practical matters that will constitute the backing to that statement are moving forward steadily. It is just now that the ‘reforms to administrative structures’ designed to further this objective have started up in tangible form.

おそらくいいたいことは以下のことです。

At the Peace Memorial Ceremonies in Hiroshima and Nagasaki I gave the opening speech asserting that we should work to become a society free of dependence on nuclear power. I had made such assertion at July 13 press conference for the first time, and since then a lot of works have been made to reorganize the administrative structures of nuclear power. We have already taken a concrete step to reach our goal.

次です。

「これまでの体制の抜本的な打破に向けて、車の両輪のように頑張ってくれているのは、海江田経産大臣と細野原発事故担当大臣です。まず海江田大臣は、経産省の原発関連の「人心一新」を考え、現在の事務次官、原子力安全・保安院長、資源エネルギー庁長官を一斉に交代させることを先週発表しました。国民の皆さんの信頼を取り戻すべく、この姿勢でどんどん進めて頂きたいと思います。」

Minister of Economy, Trade and Industry Banri Kaieda and Minister for the Restoration from and Prevention of Nuclear Accident Goshi Hosono, have been tenaciously engaged in tandem in efforts towards fundamentally breaking away from the system in place until now, like the two axles of a car. First of all, Minister Kaieda, having intended to realize complete change in public sentiment with regard to nuclear power-related matters under the auspices of the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI), announced last week that he would be replacing the current administrative vice-minister, the Director-General of the Nuclear and Industrial Safety Agency (NISA) and the Director-General of the Agency for Natural Resources and Energy (ANRE) simultaneously. I want the ministers to move forward proactively taking this attitude in order to regain the trust of the public.

これはこうではないでしょうか。

At the front of working are Mr. Kaieda, Minister of Economy, Trade and Industry, and Mr. Hosono, Minister for the Restoration from and Prevention of Nuclear Accident. On August 4 Minister Kaieda announced the personnel changes of the ministry, replacing the three top executives–the permanent vice-minister, the director general of the Nuclear, and Industrial Safety Agency and the director general of the Agency of Natural Resources and Energy, for the purpose of completely changing the present system and operation of nuclear administration. I expect Mr. Kaieda to carry out the reform decisively to regain the trust of the public.

次です。

「一方、細野大臣は、先週末、原子力安全規制に関する新組織のあり方について「再編試案」をまとめました。所属は内閣府か環境省か、といった点の詰めは残っていますが、肝心なのは、これでついに原子力安全・保安院の原子力安全規制部門が、経産省から切り離されるという点です。私がずっと問題視してきた“推進側と規制側の同居”構造は、これで解消されます。」

Meanwhile, last weekend, Minister Hosono compiled a draft proposal for reorganization, targeting at the modalities of a new structure related to the regulation of nuclear safety. The matter of affiliating the new structure with the Cabinet Office or the Ministry of the Environment still remains, but the key point is that through this, the sections of NISA regulating nuclear safety will finally be separated off from METI. The structure in which ‘those promoting and regulating nuclear power are both parts of the same entity,’ which I have considered a problem for quite some time, will thereby be resolved.

これはこうすればよいと思います。

On August 5 Minister Hosono publicized a draft paper to review an organization in charge of nuclear safety regulation. The draft proposed that the new regulatory agency should be separated from the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI). This is a big step to rectify the structure of “co-habitation of promoters and regulators,” which I have regarded as the root cause of the problem.

次です。最後です。

「いついかなる時も最優先されるべきは、《国民の安全》です。ところが今までの原子力・電力行政は、一部の既得権や企業の利益を時に優先させかねず、“原子力村”などとも言われてきました。中味(人事)と器(組織)の入れ替えで、もう後戻りはさせません。」

What must be given the highest priority at all times is ‘the safety of the people.’ However, it has also long been said that the nuclear and electrical power administration in place until now is a “nuclear village,” in which it is possible for a subset of entrenched interests and corporate interests to take precedence at times. By replacing both the content (the people) and the instrument (the structure), we will not permit any slide backwards.

これはこのようにしました。

It goes without saying that the first and foremost duty of the government is to keep the public safe and secure. The nuclear and electrical power administration in Japan, however, has long been regarded as having a tendency to give priority to the insider interest and corporate profit rather than to the public interest. With the fundamental organizational change and personnel reshuffling, I promise that we will create a totally new nuclear regulation system to serve only for the safety of the public and that we will never go back to the old regime.

☆☆☆

わたしは日本人なので、英語ネイティブのような英語テキストは書けません。上の英文にはネイティブチェックを入れていませんので、ネイティブチェックを入れると、冠詞の使い方などの間違いがいくつも見つかるはずです。

しかしこの英文は、国際英語としては大きな問題はないはずです。フランス人にも、ブラジル人にも、サウジアラビア人にも、よくわかってもらえると思います。また、少なくとも日本語がよくわからない英語ネイティブたちよりも、わたしのほうが菅首相のいいたいことそのものについては、よくわかっているつもりです。

翻訳というのは、言葉を移すのではなく、それを述べた人の心そのものを移す行為です。ここでは菅さんのいった言葉にこだわるのではなく、菅さんが本当に伝えたいことにこだわり、それを世界中の人々にわかるように、英語で表現していかなければなりません。

それさえきちんとできていれば、少々の文法ミスなど、たいした話ではありません。言葉は、あくまで道具にすぎません。本当に大事なのは、伝えるべき中身のほうです。ですから、なにも英語ネイティブに英語づくりをまかせる必要などありません。ネイティブ英語として問題があっても、国際英語として通用するのであれば、自分自身の手で英文をつくり、それをどんどん世界に発信していけばよいのです。そうした姿勢こそ、いまの日本人に強く求められていると思います。

その意味で、自分の考えていることを英語で世界の人々に伝えていこうとする菅さんの姿勢を、私はたいへんに高く評価するものです。こうした試みを積極的におこなった総理大臣は、これまでいなかったように思います。

しかしそうした姿勢はよいのですが、その一方で、実際の英語が、あまりにもお粗末です。英語としてのクオリティが低いことももちろん問題ですが、それよりもさらに大きな問題は、もとの日本語に引きずられてしまって、英語を英語として書くことができなくなってしまっているということです。その結果、クオリティの低い英語で、よくわからないことが述べられている、という悲惨な状況になっています。すでに述べたように、翻訳というのは言葉を移すのではなく、人の心そのものを移す行為です。その意味で、このブログの英文は、翻訳にもなっていません。

ただの一市民がこうした英語を世界に発信しても問題はないでしょうが、しかし日本国の首相である管直人がこのような英語を世界に発信していることには、おおいに問題があります。なぜチェック機能が働かなかったのでしょうか。リスク管理がずさんだといわれても仕方がないでしょう。菅首相の任期はあと数週間しかないと思われますが、いずれにしても、一刻もはやく英文ブログをクローズすべきです。それが国益にかなう行為です。ぜひ実行していただきたいと思います。

Categories: ことのは道中記 英語と日本語