成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

英語の発音について English pronunciation

2012年1月27日

英語の発音の大きな特徴は2つです。子音の強さと、強弱アクセントです。
In today’s lesson, I talked about the sound of English. The two main characteristics of English sound are: the strength of consonants and the stress accent.

英語の子音は、日本語の子音よりもはるかに強いものです。お相撲さんに例えれば、英語の子音は横綱クラス、日本語の子音はせいぜい十両クラスです。それほどまでに違うのです。
English consonants sounds far stronger than those of Japanese. If you would put the difference in Sumo hierarchy, English consonants could be Yokozuna and Japanese ones would be Juryo. You should know how much different they are.

また英語では、強い音が一定のリズムで繰り返されます。そうして一定に繰り返される強い音と強い音のあいだに弱い音が入るのですが、その数は一定ではありません。1つのときもあれば、3つのときも、さらには5つ以上のときもあります。したがって、ひとつのひとつの音の長さはまったくバラバラです。
In English, stressed strong sounds come in a constant rhythm, and between two stressed sounds come several unstressed weak sounds. The number of unstressed sounds varies. It might be one, three, or even more than five! Accordingly, the length of each sound can differ very much.

いっぽう日本語では、ひとつひとつの音の長さはほぼつねに一定です。
In Japanese, on the contrary, the length of each sound is almost always the same.

日本語と英語の音の違いをもっと詳しく知りたい方は私のウェブサイトの以下のページをご覧ください。(https://sites.google.com/site/junbikakougi/zhun-bei-ke-jiang-yi-lu-1/056、https://sites.google.com/site/junbikakougi/zhun-bei-ke-jiang-yi-lu-1/076-ying-yuno-fa-yin-1)。

If you want to know more about the deference between Japanese sound and English sound, please see the following pages of my website: https://sites.google.com/site/junbikakougi/zhun-bei-ke-jiang-yi-lu-1/056、https://sites.google.com/site/junbikakougi/zhun-bei-ke-jiang-yi-lu-1/076-ying-yuno-fa-yin-1.

Categories: ことのは道中記 英語と日本語