成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

読めるもんなら読んでみろ

2010年10月21日

アーカイブに『翻訳の教科書』をアップした。全部でなんと367ページ、34万字を超えている。うーん、長すぎる! でも(作者なんだから当たり前だが)内容的には大いに自信がある。翻訳者を志す皆さん、まあ、読めるもんなら読んでみなさい(ヒマならね)。

Categories: ことのは道中記 翻訳