成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

The Only Flower in the World

2010年12月27日

YouTubeで、とてもいい歌を見つけた。おなじみ「世界に一つだけの花」の英語バージョンだ。The Only Flower in the Worldというタイトルで(グーグルすればすぐ見つかる)、歌っているのはアジア系の子供たちだ。躍りながら歌うすがたが、じつにかわいい。以下、英語の歌詞をのせておく。うまく訳しているものだと、感心しきりである。とても気に入ったので、この正月休みのあいだに歌えるようになるつもりである。皆さんもいかがですか。ちなみに、その他の日本のポップスの英語バージョンが知りたいのなら、「英語ヴァージョンで聴く「英語バージョンで聴くR30 SWEET J-POPS 」「E35英語で歌おうJ-POPS」といったCDがおすすめだ。

The Only Flower in the World
(世界に一つだけの花)

No.1にならなくてもいい
もともと特別なOnly one

I saw all the flowers lined up on display (花屋の店先に並んだ)
the shop full of colors and scented embrace (いろんな花を見ていた)
We all have a blossom we like more than the rest (人それぞれ好みはあるけれど)
but I think, with flowers, they all are the best (どれもみんなきれいだね)
No fighting or envy they never contend (この中で誰が一番だなんて)
but smile in the sun light and sway in the wind (争うこともしないで)
They all know their mission, it fills them with pride (バケツの中 誇らしげに)
Everyone is different yet all are alike (しゃんと胸を張っている)

I wonder why people must always compare (それなのに僕ら人間は)
And judge one another it seems so unfair (どうしてこうも比べたがる)
To place color, status, and looks to the test (一人一人違うのに その中で)
How can these show us who’s the best? (一番になりたがる?)

そうさ 僕らは世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

A man stood beside me and peered with a sigh (困ったように笑いながら)
He puzzled and pondered but could not decide (ずっと迷ってる人がいる)
With so many flowers and various hues (頑張って咲いた花はどれも)
All were so pretty, which one should he choose? (きれいだから仕方ないね)

Just then, a smile broke out on his face (やっと店から出てきた)
Flowers of different color and shape (その人が抱えていた)
He gathered together one of each kind (色とりどりの花束と)
Hugging them softy with joy in his mind (嬉しそうな横顔)

I saw a small flower as I walked by (名前も知らなかったけれど)
Stretch from the shadows to reach for the sky (あの日僕に笑顔をくれた)
I thought to myself, what if I was that way (誰も気付かないような場所で)
And reach for my own dream and say (咲いてた花のように)

そうさ 僕らも世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

小さい花や大きな花 一つとして
同じものはないから
No.1にならなくてもいい
もともと特別なOnly one

Categories: ことのは道中記 日本人の英語教育