<日英翻訳1日1題>   「お盆」

2012年7月25日

「お盆」は、旧暦の7月15日を中心に日本で行なわれる、祖先の霊を祀る一連の行事のことです。一般に仏教の行事だとみなされていますが、仏教では説明できない思想もたくさん含まれています。たとえばお盆にはご先祖の魂が戻ってくるとされていますが、成仏した魂がこの世に戻るという思想は仏教にはありません。「盆踊り」もインド、中国、韓国にありません。こうしたことから、もともと盆行事をはぐくむ条件が日本の民俗のなかにあったのではないかと考えられます。

――――――――――――――――――――――――――☆☆☆

 

「お盆」の解説です。調べてみると、お盆はいちがいに仏教行事だとは言い切れないようです。知らなかった~。

 

“Obon” is a series of Japanese events in order to worship ancestry. It is held at the days around July 15 of the old lunar calendar. This religious festival is generally considered as Buddhist events, but actually contains a lot of ideas not belonging to Buddhism. For example, it is often said that the spirits of ancestry come back to this world during Obon, but Buddhism has no such a tradition. And Bon festival dance, which is very popular in Japan, has not been found either in India, China or Korea. From these evidences, it is now thought that some of Bon events originate in ancient Japanese traditions.

 

<今日の出題>

「蝉しぐれ」

多くの蝉が一斉に鳴きたてる声を時雨の降る音に見立てた語。夏の季語。「季語」は連歌、俳諧、俳句において用いられる特定の季節を表す言葉。代表的なものは「雪」(冬)、「月」(秋)、「花」(春)など。現代では5000を超える季語がある。

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題