「あのふるさとへ 帰ろかな 帰ろかな」

2011年10月30日

ごぞんじ「北国の春」。千昌夫っていまどうしているのかと思って調べたら、東日本大震災のチャリティーなどを行っているようです。ぜひ頑張ってほしいと思います。「北国の春」については日本だけでなく中国でよく歌われているようです。どこか中国的なんでしょうか。一方で英語バージョンはみつけることができませんでした。あまり英米的ではないのかもしれません。

さて英語です。

I’m now wondering
whether to return or not
to my country home.

be wondering whether to…は「~かどうか迷っている」。my country homeは「ふるさと」。my home countryでもよいですが、ここではグレッグ・アーウィンさんの童謡「ふるさと」の訳に使われているmy country homeのほうを使いました。こうすると最後にhomeという語がくるので、ふるさとに帰りたいという気持ちがさらにうまく伝わります。英語では最後にくる語がとても大事です。

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題