「おいらが恋した女は 港町のあばずれ いつも ドアを開けたままで着替えして 男達の気を引く浮気女 かもめ かもめ 笑っておくれ」

2012年2月13日

浅川マキの「かもめ」(1969)の出だしの部分です。浅川マキのことを知っているひとは、もうかなり少なくなったかもしれません。2010年に亡くなりましたが、私個人は戦後の日本音楽界で十指に入る歌手の一人と思っています。「かもめ」は寺山修二の作詞。浅川マキのためにつくられた歌といってよいでしょう。

さて英語です。

Once I loved a woman, who was a bitch living in a port town.
She always changed clothes not closing a door for seducing men.
Oh seagulls, please laugh at me, who loved such a slut.

「男達の気を引く」はseduce men(男を誘惑する)

「あばずれ」はbitch、「浮気女」はslut

Bitchもslutも読者諸兄は決してお使いになってはなりませぬぞ。

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題