「おかあさん なあに おかあさんって いいにおい せんたくしていた においでしょ シャボンのあわの においでしょ 」

2012年3月12日

「おかあさん」(作詞 田中 ナナ:、作曲中田 喜直)の一番です。
これも私の大好きな歌です。英語です。

“Mom.”
“Yes?”
“Mom smells sweet, don’t you?”
“It’s because I have washed clothes. It’s the smell of soap bubbles.”

ひどく、そっけないですよね。
日本語の歌詞から感じられる優しさや愛おしさがほとんど表現されていないように思えます。
なんとかそうした情感を英語へ表現しようとしたのですが、結局のところ、できませんでした。
これは私の力不足のせいだけではないと思います。そもそも英語という言語は情意表現が日本語ほどきめ細やかには発達していないのです。

英語では、小さな子供でもお母さんに向かってYouで呼びかけます。
これがどうも気に入りません。お母さんがYou。うーん……。
お母さんという呼び方を持つ日本人の感覚からすれば、なんだかひどく殺風景な感じがします。

でも英語のネイティブはそんなふうには感じないのでしょう。
元来、英語には微妙な情感を言語化する習慣がないのですから、もともとないものは感じようがありませんね。


<今日の出題>
「赤い帽子 白い帽子 仲よしさん いつも通るよ 女の子
ランドセルしょって お手々をふって いつも通るよ 仲よしさん」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題