「おてもやん あんたこの頃 嫁入りしたではないかいな  嫁入りしたことアしたバッテン 御亭(おてい)どんが菊石面(ぐじゃぺ)だるけん まアだ盃アせんだった」

2011年11月4日

熊本民謡「おてもやん」の出だしです。それほど古い歌ではなく明治以降の作品のようです。熊本弁の歌詞が特徴的。共通語にすると「おてもさん、あなたは最近結婚したのではないですか? 結婚はしたのですが婿殿の顔に天然痘のあとが残っている(ブ男である)ので、まだ三々九度の杯はしていません」。

さて英語です。

Otemo-yan
I hear you have got engaged recently
Haven’t you?
Yes, I have
But my fiancé is an ugly man
So I haven’t got married yet

結婚したが三々九度はしていないという事実関係がよくわからないので、英訳では「婚約したが結婚していない」(get engaged, but not get married)にしました。beではなくgetを使うと動きのあるイメージになります。基本的にbeは静的、getは動的です。

直訳すると「おてもやん、あなた婚約したって聞いてるけど、そうじゃないの?」「うん、でも婚約者がブ男だから、結婚はまだしてないの」。どうやら、おてもやんはイケメン好きのよう。あとの歌詞をみると、わたしっていまモテモテなの、などともいっていますから、まだ遊びたい盛りなのでしょう。こういうときの結婚はやめたほうがいいと、おじさんは思います。

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題