「このきれいな長崎の町の下には、一発の原子爆弾で消えてしまったもう一つの長崎があるのよ」

2011年11月15日

黒沢明の「八月の狂想曲」(Rhapsody in August)のセリフです。この作品は世界の巨匠、黒沢における愚作中の愚作とされていますが、私自身は黒沢映画のなかで一番好きです。ちなみにリチャード・ギアも出演しています。このセリフは長崎に住むおばあちゃんが夏休みに遊びにきた孫たちに向かっていう言葉です。

さて英語です。

There is another town of Nagasaki underneath this beautiful one, which has totally disappeared with only a shot of atomic bomb.

英語では「下」を表す表現がいくつもあります。under, beneath, underneath, belowなどです。ひとつずつ説明します。

underは、少し離れた下のほうにあるイメージ。逆方向(上)のoverと同じイメージです(over⇔under)。

beneathは、すぐ下にくっついているイメージ。逆方向ではonと同じイメージです(on⇔beneath)。

underneathは、すぐ下にくっついているが隠れているイメージ。ここでは原爆に破壊された町がいまの町のすぐ下にあり、さらにそれが見えないので、beneathがぴったりです。

belowは、underやbeneathなどと違って真下でなくてもかまいません。

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題