「てるてる坊主 てる坊主 あした天気に しておくれ  私のねがいを 聞いたなら あまいお酒を たんと飲ましょ」

2012年2月27日

「てるてる坊主」の2番です。前半は1番と同じ。ちがうのは後半だけです。「願いときいてくれたら、酒をやるぞ」って、これも童謡っぽくないですね。なんだか時代劇の悪徳商人と素浪人の会話みたい。

英語です。

Teruteru-bozu, Teru-bozu
May tomorrow be fine, and make my wish come true!
If you really grant my wish and it be fine tomorrow,
I will gladly give you a plenty of delicious sake

3行目のIf you really grant my wish and it be fine tomorrowを直訳すると
「もしあなたが本当に私の願いをかなえてくれて、明日が晴れになるのなら」。

ここでのgrant もbeも動詞原形。
これは仮定法での動詞の使い方。それも文語調の古風な表現。
今回は歌詞ですからそうしましたが、
一般的な表現であれば、beのかわりにisで十分です。

「甘い」はdeliciousにしました。もちろん、sweetでもOK。
「酒」は、当然ですがsake。もう英語の単語になっています。
発音は「サーキ」


<今日の出題>
「てるてる坊主 てる坊主 あした天気に しておくれ
 それでも曇(くも)って 泣いたなら そなたの首を チョンと切るぞ」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題