「ソーダ水のなかを 貨物船がとおる ちいさなアワも 恋のように消えていった」

2012年2月7日

荒井(松任谷)由実の「海を見ていた午後」のさびの部分です。先日、テレビで元ファイファイセットの山本潤子が、この曲を歌っていました。個人的にはユーミンが歌うよりも山本潤子のほうが好きです。ま、そんなことはどうでもいいか。

さて英語です。

In a soda water glass in front of me, I saw a cargo ship passing through.
The tiny bubbles of the water have gradually gone away just like a love.

I saw a cargo ship passing throughはいわゆる知覚構文。「私は貨物船が通り抜けるのを見た」
「ちいさな泡」はtiny bubbleにしました。fine bubbles(微細気泡)だとちょっと小さすぎるし、Smallではちょっと大きすぎる気がします。
「消えていく」はgo awayにしました。かなり遠くへいってしまうイメージです。

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題