「三十代とは、男にとって動揺がサマになる最後の年代なのではあるまいか。」

2012年5月22日

塩野七生さんの言葉、第3弾です。この言葉に私は大きく動揺いたしました。ちなみに私は50代なので、塩野さんの目からみれば男としてまったくサマになっていないわけであります。いや、困った、どうしよう……。

さて英語です。今回は日本語を次のように読み替えて訳しました。「男がうろたえても許されるのは40歳までである。」うーむ、やっぱり、うろたえてしまう……。

It is before the age of forty that a man is allowed to be upset.

「うろたえる」はbe upset

さて「40歳まで」の「まで」の英訳ですが、ここでは(30代が最後なのですから)40歳は含みません。この場合はuntilではなくbeforeにします。before~は明らかに~の部分を含まないからです。(Do it before the next month.=今月中にそれをしなさい)

問題はuntil~です。until~が~を含むかどうかは、じつはネイティブのあいだでも解釈が分かれます。そのため法律文書ではuntilだけでは用いずにuntil and including April 1 または until but not including April 1 のように当該日時を含むか含まないかを明示的に表記するのが普通です。従ってuntilを使って書くならば、以下のようになります。

It is until but not including the age of forty that a man is allowed to be upset.

でも、これじゃあねえ。


<今日の出題>
「私もずいぶんと無駄をしてきたけれど、セックス抜きで男女の愛情は成立しえるかというテーマを追求するという無駄だけはしなかった。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題