「六等星は小さく見えるけれど、それは遠くにあるからだよ。実際は一等星より何十倍も大きな星かもしれない。世の中には六等星みたいな人がいくらでもいる。」

2012年6月10日

手塚治虫の「ブラックジャック」のなかのセリフです。

「遠くにある」というのは、実際の距離ではなく、人間の本当の価値に気づくことのできない精神状態を指します。今回の震災では政府や電力会社の「偉い」人々が実際にはちっぽけな人間であり、逆に数多くの普通の人々が実際には大きな人間であることが明らかになりました。世の中には六等星のような人が一杯いるのです。

 

英語です。

 

A sixth-magnitude star looks very small, but it is because that the star is far away. It may be much, much bigger than a first-magnitude star. You can find in the society a plenty of those who are just like sixth-magnitude stars.

 

「はるかに~だ」のような著しい程度を表現するにはmuch, much biggerのように程度の副詞を重ねる方法が使えます(far, far away; very, very important)。

 

<今日の出題>

「人間は、果てしなく賢明で、底しれず愚かだ。この壊れやすい地球に対してどう対処するのかは、ここ百年くらいで選択が決まる。でもこれは、やり直しのきかない、一度限りの選択になるだろう。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題