「国際社会で、決まったことを実施する力において群を抜く日本が、なかなか主導権を握れず、何となくもたもたした国だと見られるのは、このあたりに原因があるのだと思う。」

2012年5月19日

緒方貞子さんの言葉の第五弾。昨日の続きです。

この日本語文は悪文です。最初の「国際社会で」と呼応する動詞は「見られる」です。そのあいだの「決まったことを……もたもたした国だ」は「国際社会で×××××と見られる」という構文の「×××××と」にあたる部分です。そしてこのなかに「決まったこと」「実施する」「群を抜く」「握れず」「もたもたした」といったたくさんの動詞が入っているのです。一回読んだだけでは構文を明確に把握することはできません。「国際社会で……群を抜く」とか「国際社会で……主導権を握れず」などと読み違えた人も多いのではないでしょうか。私も最初読み違えました。こうした悪文をつくらないように気をつけたいものです。

英語です。まず日本語の文を組み替えて分割します。

1. 日本は、決まったことを実施する力において群を抜く。
2. しかし(日本は)なかなか主導権を握れない。
3. その結果、国際社会で(日本は)何となくもたもたした国だと見られている。
4. その原因は、前に述べた日本の教育制度が主な原因と(私は)思う。

英語にします。

1. Japan has an outstanding ability to implement what has been decided.
2. But (Japan) is poor at taking the leadership.
3. As a result, the international society regards Japan as being somehow inactive.
4. I think this is mainly caused by the disadvantage of Japanese educational system that I have touched on.

ひとつにまとめます。

Japan has an outstanding ability to implement what has been decided, but is poor at taking the leadership. As a result, the international society regards Japan as being somehow inactive. I think this is mainly caused by the disadvantage of Japanese educational system that I have touched on.


to implement what has been decided=決定されたことを実施する
is poor at=~が不得意である
regards Japan as being somehow inactive=日本をなにかしら活動的でないとみなす
this is mainly caused by=これは~が主な原因である
the disadvantage of Japanese educational system=日本の教育制度の不利な点

<今日の出題>
「若い女の一目惚れは、「あら、ステキ!」の程度だから、神さまは罰を与えない。
罰を与えるのは、オトナの女の一目惚れに対してである。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題