「外国語を話せることを自慢するような人は、救いようもないバカである。だが、外国語を話せることを軽蔑する人もまた、同じくらいバカである。」

2012年5月25日

塩野七生さんの言葉、第6弾です。こうしたおバカな人、私のまわりにはおりません。残念。もしいれば徹底的にバカにしてあげられるのに。ストレス解消によさそう。皆さんのまわりにはいますか?もしいたら心からバカにしてあげてください。

英語です。さまざまな表現が可能ですが、できるかぎりシンプルにしました。

The man who boasts of the ability to speak in a foreign language is a hopeless fool, while the man who despises such ability is a hopeless idiot as well.

「バカ」の対応語にはご存じのfool(道化師の意味もあります)とidiot(foolよりバカ度が高いイメージ)のほかに、moron(知能程度が低いイメージ)、simpleton(かなり古風な表現です)などがあります。

「~だが、~」の訳には、この…, while…のかたちがよく使われます。butよりもぴったりくることが多いようです。

「同じくらい」はalsoでよいですが、as wellがぴったり。


<今日の出題>
「馬の気持ちなんて完璧にわかる訳ないっしょ。同じ人間同士でもわかり合えない奴がいるのに、種族の違うモンの気持ちがホントにわかる訳ねーべ。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題