「竹取物語」4 「娘はこの世のものとは思えない程の美しさで・・・」

2012年3月24日

「娘はこの世のものとは思えない程の美しさで、 家の中は暗い場がなく光に満ちている。翁は心が悪く苦しいときも、 この子を見ればその苦しさが消えた。」

The girl was too beautiful to be on Earth.
The house was filled with light and had no darkness inside.
When the old man looked at her, any sorrow and pain in his heart
instantly went away.

「この世のものとは思えない美しさ」は、too beautiful to be on Earthにしました。グーグルで検索したところ、74,600件ヒットしました。まあまあですね。

<今日の出題>
「娘が立派に大きくなったので、朝廷の祭祀を行う人に名をつけてもらった。
その名は「なよ竹のかぐや姫」である。名をつけたとき、人を集めて
詩歌や舞など色々な遊びを催し、3日間、盛大な祝宴をした。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題