「月にかわって、おしおきよ。」を英語にすると

2011年8月21日

もちろん、「美少女戦士セーラームーン」で月野うさぎたちが発する決め文句ですね。さて、どう英語にすればよいでしょうか。
いちばん簡単なのは

“On behalf of the moon, I will punish you.”

です。でも、ちょっとインパクトに欠けます。サイトで、つぎのような情報をみつけました。

「北米版(英語)では、この決め台詞は毎回パターンが微妙に違うようですが、比較的定着しているパターンは「I am Sailor Moon, the champion of justice! On behalf of the moon, I shall right wrongs and triumph over evil, and that means you! 」(英語版第3話より)となります。その他、「I am Sailor Moon, the champion of justice, and on behalf of the moon, I will punish you! 」(英語版第2話より)というのがありますが、punishという単語を使うこのパターンは少ないようです。」

なるほど。それから、こんなのもあるようです。これはアメリカ人のサイトから。

“I’m Sailor Moon, the champion of justice. In the name of the Moon I shall right wrongs and defeat all evil and that means you!”

まず、shallが大仰なイメージで、ぴったりですね。「right wrongs(誤りを正す)」といういい方は日常でも使えそうです。「triumph over evil」「defeat all evil」のevil(邪悪なもの)を使うところがポイント。そして最後の本当の決め文句が、that means you!

さて、セーラームーンはフランスでも大人気です。そこで最後にフランス語での「月にかわって、おしおきよ。」をご紹介しておきます。

“Je vais te punir au nom de la lune.”

(これまでの「日英翻訳1日1題」については「成瀬由紀雄ホームサイト」をご覧ください)

Categories: 新着情報