「浦島太郎」その2 「『おやおや、かわいそうに、逃がしておやりよ』『いやだよ。・・・」

2012年7月6日

「『おやおや、かわいそうに、逃がしておやりよ』『いやだよ。おらたちが、やっと捕まえたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手だろ』見るとカメは涙をハラハラとこぼしながら、浦島さんを見つめています。」

――――――――――――――――――――――――――☆☆☆

 

「浦島太郎」の2です。英語です。

 

“Oh, poor turtle! Please let it go,” asked Urashima-san. “No way!” answered the boys, “We worked very hard to catch it. We can do anything we want.” Urashima-san looked at the turtle and found the turtle staring at him with tears.

 

No way! = 強い拒絶の表明です。うかつに使わないようにね。

look atもstare atも「見る」ですが、lookが中核語であり、stareはそれに「じっと(凝視)」という付属の意味をつけた語です。付属の意味が「ちらり(一瞥)」だとglance。「ずっと(注視)」だとgazeになります。

 

<今日の出題>

「浦島さんはお金を取り出すと、子どもたちに差し出していいました。『それでは、このお金をあげるから、おじさんにカメを売っておくれ』『うん、それならいいよ』。こうして浦島さんは子どもたちからカメを受け取ると、『大丈夫かい? もう、捕まるんじゃないよ』と、カメをそっと海の中へ逃がしてやりました。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題