「湯婆婆は、相手の名をうばって支配するんだ。名をうばわれると、帰り道がわからなくなるんだよ」

2011年12月17日

「千と千尋の神隠し」の湯婆婆のセリフのつづきです。名を奪われるとはもちろん自分を奪われること。千尋が千ではなく千尋でなければならないように、あなたはあなた自身でなければなりません。でもついつい私たちはそのことを忘れてしまいます。そして自分の名、つまり自分自身のアイデンティティを失ってしまう。そうすると(自分自身への)帰り道がわかなくなります。

さて英語です。

Yubaba controls you by striping you of the name.
When you are deprived of the name, you will not be able to go home.

striping A of Bは「AからBを奪う」。deprive A of Bも「AからBを奪う」。ここではこの2つをわざと言い換えることにしました。同じ意味なのにこんなふうに言い換えるのは英語のひとつのクセです。日本語ならば「うばう」を繰り返し使っていいのですが、英語は繰り返し表現を(我々日本人からみれば)極端なまでに嫌う傾向があります。

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題