「経営者としては、確かに負けたかもしれない。でもマンガ家としては、何も失っていない。」(虫プロが倒産した時の心境を聞かれて)

2012年6月14日

手塚治虫は1961年に日本初のアニメプロダクション「虫プロ」を創設し、12年後の1973年に倒産させています。その時のことを振り返って述べたのが、この言葉です。

私もかつて会社を倒産させた苦い経験がありますが、このような心境にはとてもなれませんでした。この強気が手塚の手塚たるゆえんであり、手塚自身も「40年間、負けん気で持ってたみたいなもんです」といっています。

英語です。

 

It may be true that I failed as a businessman, but I didn’t lose anything as a Manga artist.

 

 

businessman (business person)は、実業家や企業の経営者や管理職を指す言葉です。日本語でいうところの「ビジネスマン」 (これはoffice workerです) とは意味が異なります。

 

<今日の出題>

「見知らぬ人との出会いが自分の人生にいかに大きく関わっていくか、そしてそれがどんな大きな宝であるかを、この転機に知った。」(虫プロの倒産の際に語った言葉)

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題