【1日1題】古事記 第19題

2012年1月30日

「二人の神は、高天原の神々に相談しに行かれました。「女神が先に声をかけたのがいけなかったのだ。もう一度やり直しなさい」。二人の神はオノコロ島にもどり、今度は男神から声を掛け合って心が通い合うと、見事に成功して、八つの島が生まれました。これを大八島国(おおやしま)といい、日本のもう一つの名前です。」

<解説>
古事記の「国生み」のお話のラストです。

The two gods came to Takamagahara and consulted with other gods. The other gods said, “It was not good that the female called out to the male first. Try it the other way.” When the two gods returned to Onokorojima, this time the male called out to the female first. They succeeded in sympathizing each other and bored eight islands. These islands are called Oyashima, the other name of Japan.

「もう一度やりなおす」はtry it the other wayにしました。another wayだといくつかの選択肢のなかから一つを選ぶのですが、the other wayだと2つのなかから1つを選ぶ二者択一の意味があり、したがって「逆方向」という意味になります。ここではそれがぴったりです。

「声をかける」はcall out。

「心を通い合わせる」はsympathizing each other(お互いに共感する)としました。

今日で古事記は一休みです。明日からは歌詞の翻訳です。

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題