「おまえが生んだ仏はおまえだけのものだ。だれにもまねられぬ。だれにも盗まれぬ。」

2012年6月6日

「火の鳥 鳳凰編」で良弁僧正が我王にいう言葉です。良弁は奈良の大仏の建立にかかわった僧侶ですが、宗教が結局は政治の道具にされていたことに気づき、即身仏になります。手塚は奈良の大仏を、宗教と政治が結びついた巨大権力のシンボルとして描いています。奈良の大仏は、権力とカネがあれば誰にでもつくれます。しかし我王が土や木からつくり出す仏は、誰にもつくれないのです。

英語です。

The Buddhist image you created belongs only to you. No one can imitate it. No one can steal it.

belong to…=~に属する、~のものである。

<今日の出題>

「おれは何年かぶりで都へ出てよくわかった。あの貴族どもの目……藤原仲麻呂にせよ橘諸兄にせよ、目が死んだ魚のようにうつろだった。しかも茜丸の印象的な目の光までが死んでいた。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題