グーグルで英語音声入力ができます

2011年8月30日

音声入力のよいソフトウエアがないかとグーグルで調べていたところ、グーグルそのもので音声入力ができることがわかりました。グーグルの「翻訳」のところにいって「もとの言語」を英語にすると、打ち込みスペースの右下にマイクのアイコンがでます。そこをクリックすると音声入力モードになります。ためしてみると、わたしの発音だと正答率は7~8割程度。これなら十分に使えます。

自分の英語発音の欠点もよくわかります。たとえば私の場合にはやはりthの発音がうまくできていないので、そのためにtheがちゃんと入力できていません。うまく入力できないところが自分の英語発音の欠点なのですから、発音矯正にはぴったりです。

さらにグーグルの「翻訳」機能では英語音声入力のほかに独仏露韓語などで各言語専用文字にあわせたキーボードが使えるようになっています。「元の言語」の右下に出ますので、フランス語やドイツ語の特殊文字の打ち込みに苦労していた私にとってはこれも朗報です。

でもこんなにグーグルばかりに頼ってしまってよいはずがありません。グーグルの「世界知性の独占化」がこのように進んでいるのはかなり深刻な問題だと思います。

Categories: 新着情報