成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

小松達也先生の日本記者クラブでの講演がユーチューブにアップされました。

2012年3月13日

小松達也先生の日本記者クラブでの講演がユーチューブにアップされました。
The lecture of Mr. Komatsu Tatsuya held at Japan Press Club has been posted on YouTube.

http://www.youtube.com/watch?v=tREz22HxkuI&list=UU_iMvY293APrYBx0CJReIVw&index=1&feature=plcp

小松先生は日本の同時通訳の草分け的存在であり、現在はサイマルアカデミー顧問、国際教養大学特任教授・明海大学名誉教授・通訳技能向上センター理事長を務められています。
Mr. Komatsu, a pioneer of simultaneous interpretation in Japan, works as an advisor of Simul Academy, a specially appointed professor of Akita International University, an honorary professor of Meikai University, and a chairman of the board of directors of CAIS.

今回の講演では新著『英語で話すヒント――通訳者が教える上達法』で取り上げられているトピックについて小松先生がさらに詳しく解説されています。
At this lecture, Mr. Komatsu discusses the topics on his latest book, “Helpful Hints for Speaking English—Tips for Studying English.”

この本で小松先生は日本人の英語学習では、まず母国語の日本語でしっかりと考え、それをさまざまな知識と技術を駆使して英語で表現することが英語習得の最も効率的な道筋であると主張されています。
In this book Mr. Komatsu argues that Japanese learners of English should make ideas in Japanese first and then express them in English using deep knowledge and sophisticated technique. He insists that this is the fastest way to master English.

この考え方は従来の言語学では異端とされてきたものですが、しかし小松先生はみずからの体験を踏まえながら、英語とまったくかけ離れた母語を持つ日本人にとっては、この手法こそが最適の英語学習法だと主張されています。
The modern linguistics regards this method as heretic, but in his opinion this is the most efficient and suitable method for Japanese, whose mother tongue is entirely different from English, to master English.

小松先生の主張に、私は全面的に賛同します。そして小松先生の考え方をベースとする具体的な英語教育方法の開発に、いま集中的に取り組んでいるところです。
I totally agree with the opinion of Mr. Komatsu. And now I am focusing on developing practical learning methods of English based on the idea of Mr. Komatsu.

英語を勉強中の皆さんには、長い講演ですが、ぜひこの講演をみていただきたいと思います。そうすれば、これからの英語の勉強に役立つ重要なヒントが数多く見つかるはずです。
I would like to firmly advise all of Japanese learners of English to see the video, although it’s very long, so that you can find a lot of valuable hints for the further study.

Categories: ことのは道中記 新着情報 日本人の英語教育