成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

成熟国家のフロントランナーとしての日本へ Japan as a front runner of mature nations

2012年5月22日

今日(2012.5.21)の日経新聞夕刊の記事(あすへの話題「日本の未来を描けば」日立製作所会長 川村隆)からの抜粋です。

「日本の未来に関する悲観論が世上に横溢している。(略)しかし、公平に世界の他国と比較した時、日本と日本国民の未来について、私は楽観論者である。(略)ここで未来の日本の形を先に描くとしよう。まず1億人弱の国民のうち40%くらいは家族込で海外移住なり海外活動従事となり、活動も経済のみならず、スポーツや芸術など多岐にわたる。他民族の国内長期滞在や帰化も進め、20%もの混血があるのではないか?文化交流も進むので、日本語、英語、中国語が混合使用される。日本は研究者やエンジニアらに知的産業が中心となり、海外からの送金も含めてまずまずの成長経済国家として存在できる。美しい国土や環境を保全し、災害対応の整備強化も進む。留学生や観光客も増え、成熟国家のフロントランナーになる。(略)まずスポーツ界でこの姿のはしりがみられるが、企業も先駆けになれるのでは、と種々の動きを強めている今日この頃である」

私も川村さんと同じ意見です。日本はこれから「成熟国家のフロントランナー」になれると思います。

そうしたなかで言語専門家である私のするべきことは「日本語、英語、中国語が混合使用される」言語社会へといかにして日本と日本人を軟着陸させるかにあります。日本の歴史上でも未曾有の出来事なのでいろいろと難問も出てくると思いますが、微力ながらもそれなりに頑張って仕事をしていきたいと思います。

Japan as a front runner of mature nations

In today’s Nikkei (2012.5.21), Mr. Kawamura Takashi, president of Hitachi Ltd., wrote:

“Pessimistic comments about Japan’s future are prevailing nowadays. ….. But I believe that the future of Japan and Japanese are very bright. … Let me depict a picture of future Japan. Among the population of less than a hundred million, 40% will lives or works abroad. They are not only business persons but also artists, athletes and so on. On the other hand, many people other than Japanese will live or work in Japan, and 20% of people living in Japan might be of mixed blood. As cultural exchange progresses, English and Chinese as well as Japanese are used in the society. Japan will be the center of knowledge industries requiring a lot of researchers and engineers, and grow steadily economically. Beautiful nature and environment will be preserved and the measures against disasters will be well prepared. The number of foreign students and tourists will increase. To put it shortly, Japan will be a front runner of mature countries. …. We have already seen some examples in the field of some sports. I expect that businesses could be such examples too, and we are now making more efforts than before.”

I have the same opinion with Mr. Kawamura. I believe that Japan will be a front runner of mature countries.

What I have to do as a language specialist is to help Japanese society change itself into a multi-lingual one without any catastrophic troubles. We may have many difficulties as we have never seen this kind of situation in the long history of Japan, but I will do my best to help Japan overcome this unprecedented challenge.

Categories: ことのは道中記 新着情報 雑感