日英翻訳1日1題  「蝉しぐれ」

2012年7月26日

多くの蝉が一斉に鳴きたてる声を時雨の降る音に見立てた語。夏の季語。「季語」は連歌、俳諧、俳句において用いられる特定の季節を表す言葉。代表的なものは「雪」(冬)、「月」(秋)、「花」(春)など。現代では5000を超える季語がある。

――――――――――――――――――――――――――☆☆☆

 

「蝉しぐれ」を英語で解説したサイトは調べた限りありませんでした。辞書ではcontinuous chorus of cicadasやthe chirring of cicadas in chorusとありましたが、これでは単にうるさいだけという感じです。

 

“Semi-Shigure,” is composed of the two words: “Semi,” which means a cicada or cicadas, and “Shigure,” which means a shower rain in late fall. In the expression, the continuous chorus of Semi is likened to the continuous sound of Shigure. “Semi-Shigure” is one of the “kigo” for autumn. “Kigo” is a seasonal word used in Japanese traditional poetry such as “Renga” (linked poem) and “Haikai” ( haiku, etc.). The popular kigo contains “Yuki” (snow) for winter, “Tsuki” (moon) for autumn, and “Hana” (cherry blossom) for spring. Nowadays, there are more than 5000 kigo.

 

<今日の出題>

「夏草や 兵どもが 夢の跡」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題