竹取物語 その1「今となっては昔のことであるが、・・・

2012年3月21日

「今となっては昔のことであるが、竹を取り様々な用途に使い暮らしていた翁とその妻の嫗がいた。翁の名は讃岐造(さぬきのみやつこ)といった。」

今日から「竹取物語」を英語にしていきます。かぐや姫を知らない日本人はまずいないと思いますが、調べてみると意外なほどに英語に訳されていません。ドナルド・キーンの有名な訳があるのですが、それも絶版になっているようです。

古事記のときにも感じたのですが、日本の古典文学や歴史書などの英訳は本当に数が少ないのです。日本人は海外からの文化の輸入には驚くほど熱心なのですが、日本文化をみずからの手で海外に紹介しようとはしてきませんでした。これからはその態度を改めて日本文化を積極的に世界に広めていくべきだと思います。

英語です。

Once upon a time there lived an old man and his wife
who earned their living with making bamboo crafts.
The name of the old man was Sanukinomiyatsuko.

Once upon a time there lived…はお伽噺の決まり文句。
暮らしを立てる=earn one’s living、make a living


<今日の出題>
「ある日、翁が竹林にでかけると、光り輝く竹があった。
不思議に思って切ってみると、中から三寸程の可愛らしい女の子が
出てきたので、自分たちの子供として育てることにした。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題