竹取物語19 「彼らのなかのリーダーと思われる人物が・・・」

2012年4月8日

「彼らのなかのリーダーと思われる人物が、翁に「かぐや姫は罪を犯したので、お前の元にしばらくいらっしゃったのだ。だが、罪の期限は過ぎた。姫を早くここに連れてまいれ」といった。」
――――――――――――――――――――――――――☆☆☆

「竹取物語」19です。なんとかぐや姫は罪人でした。地球に来たのは島流し、いや「星流し」のためだったのです。そして刑期を終えたのでいま釈放されるわけです。ほとんど手塚治虫の『火の鳥』の世界、というか『火の鳥』が『竹取物語』の世界といったほうが正しいですね。1000年も前にこんな素晴らしい物語を作って語りつないできた日本を誇らしく思います。英語です。とにかく、シンプルに、簡単に。

A man, who seemed to be the leader, came to the old man and said, “Kaguyahime committed a crime and was sent to you. But now she has served her term. Bring her here right now.”


<今日の出題>
「天に上っていくことになったかぐや姫は「あとでご覧ください」と手紙を書き置いた。また天人から翁に与えられた箱が2つあり、ひとつには天の羽衣が、別の箱には不死の薬が入っていた。」

Categories: 新着情報 日英翻訳1日1題