成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

翻訳の今後 The Future of Translation in Japan

2012年3月4日

昨日、サイマル・アカデミーで、セミナーでおこなった。30名ほどに集まっていただいた。そこで、私は自分がいかにして翻訳者になったかの経緯や、翻訳とは何かなどを説明し、最後に現在の翻訳業界の状況を説明した。ここではその内容を要約する。
Yesterday, I gave a lecture at a seminar of Simul Academy. About 30 audiences attended it. I talked about how I became a translator, what the translation is, and lastly explained the present situation of translation industry in Japan. Here I’d like to summarize the content.

現在の翻訳業界を一言でいえば、壊滅的である。特に人間による英日翻訳は、出版翻訳の不振、機械翻訳の登場とそれに伴う単価の大幅な下落などによって、ビジネスとしてはきわめて厳しい状況になっている。最近では武田ランダムハウス社が一部機械翻訳のまま訳文を出版するという前代未聞の不祥事も起こった。この恥ずべき例からみれば、翻訳に明るい未来はないようにもみえる。
To put it succinctly, the industry is on the way of devastation. Human translations from English to Japanese, especially, face severe and harsh conditions with shrinking of translation publishing market, emergence of machine translation as well as lower pricing. Recently, we saw an unprecedented scandal caused by Takeda Random House Japan. The publisher translated an English book into Japanese with computer and published it in part without any editing work. This shameful case seems to show that there is no bright future in Japanese translation industry.

だが本当によい翻訳は残る。必ず残る。英語がよく読める日本人が増えていくなかで、正確であっても魅力のない翻訳、魅力的であっても正確ではない翻訳はこれから消えていくにちがいない。そして正確さと魅力の両方を兼ね備えた本当によい翻訳だけが残っていくはずだ。これは翻訳の発展のうえで正当な道筋である。その意味で現在の動きは本物の翻訳を目指す人間にとって歓迎すべきものである。
Excellent translation, however, survives without fail. As the number of Japanese who read English very well is increasing, translation works which are correct but unattractive or attractive but incorrect will be perished, and the real good translation works, which have both correctness and attractiveness, will survive. This is the right direction for the development of translation. In this sense, the present change should be welcomed by all the translators who seek to make real translation works.

よいものであっても、それがマーケットにおいてつねに正当に評価されるとは限らない。正当に評価されるためにはマーケティング技術が必要である。それゆえ翻訳者はマーケットに対してつねに積極的にアプローチしていくべきだ。マーケットと向き合ってアピールしていけばよい。どの業界の人間も行っていることだ。翻訳者もビジネスマンである。そのことを心に留めておくべきだ。
But, if your translation work is very good, it doesn’t mean that the work would always be highly evaluated in the market. You need a kind of marketing technique to be evaluated properly in the market. Thus, translators should positively approach the market by themselves. We should make an appeal to the market as people in other industries do. Translators are business people. We should bear it in mind.

Categories: ことのは道中記 新着情報 翻訳