自己紹介プレゼンテーションの英語原稿づくりをしました

2012年3月9日

朝トレ英語塾のレッスンで、受講生さんの自己紹介プレゼンテーションの英語原稿づくりをしました。
In today’s lesson, we prepared an English draft for a student’s self-introduction presentation.

自己紹介プレゼンテーションは、自分で内容を考え、それを英語で表現し、オーディエンスに適切に伝えるという意味で、ひとつの芸術作品といえます。それは演劇に似ています。シナリオを書き、それを観客の心を動かすかたちで表現するのです。
Self-introduction presentation in English is a kind of art work: we think about the content of speech, express it in English, and present it to the audience in the best way. It resembles a theatrical performance, in which we write a scenario and express it on the stage to move the heart of audience.

よいプレゼンをするためには、よい演劇作品を生み出すために厳しい稽古を繰り返すように、周到な準備が必要です。そうした準備なしでは、たとえ短いプレゼンであっても、良いものにはなりません。
Just as we need hard trainings to make an excellent performance, we need to spend a lot of time and energy to make a self-introduction speech that moves the heart of audience. Without such preparation we will not be able to make an excellent presentation even if it is very short.

今日は原稿づくりに着手し、ほんの最初の部分だけ完成させました。作品全体を完成させるには、長い時間と努力が必要でしょう。しかし完成すれば、それは受講生さんにとってかけがえのない価値を持つはずです。それは彼だけの財産なのですから。
This time we began to make the draft, and completed only the beginning part as below. We have to spend much more time and energy to complete the entire draft. But once we would complete it, it must have an insidpensable value for the student, as it is an precious asset which belongs only to him.

Categories: 新着情報