成瀬由紀夫コラム ことのは道中記

『誇り高き日本人でいたい』(C・W・二コル、アートデイズ)

2012年5月12日

二コルさんのはじめての日本人論です。ちなみに二コルさんも日本人、ただし少数民族であるケルト系日本人です。

二コルさんのメッセージはいずれも心に響きますが、そのなかでも特に印象に残ったのはエピローグに書かれている次の2つのメッセージです。

「最近の日本人について私が不可解に思うのは、日本人が大切にすべき自らのアイデンティティをいとも簡単に投げ捨てているように見える点だ」

「私は日本のためにあえていいたい。同じような肌をし、同じような行動や考え方をしないと日本人として認めないような生き方はそろそろ捨てたほうがいい、と。日本の最大公約数的な生き方をしないと仲間に入れない、ということではさびしすぎないか。」

私のまわりでいえば、前者については英語を盲目的に信奉して母語である日本語を軽視する風潮があります。後者については学生たちを暴力的に巻き込むあのバカバカしい就職活動があります。

いずれも日本人から誇りを奪い取って堕落させるための外部からの策謀にしかみえないのですが、しかし実際には日本人が勝手に自分で自分の首を絞めているのです。

いろいろな日本人論が出ていますが、これこそ白眉です。皆さん、ぜひぜひ読んでみてください。

I want to be a proud Japanese
C. W. Nicol

In this book, Mr. Nicol, who was born and raised in Wales and later became Japanese, is dealing with various topics about Japanese people and the nature of Japan. All that he wrote really fascinated me, particularly the following comments: “What I am wondering is that recent Japanese seems not to hesitate abandon their precious identity.” “I dare to say for the sake of Japan. Now is the time for Japanese to abandon the idea that only the people who have the same color of skin, the same kind of behavior, and he same kind of thinking can be admitted as Japanese. Is it too desolate that those who have no common nature cannot become a colleague?”

Recently many Japanese adore English so blindly while making light of Japanese. College students are suffering with stormy recruitment activities, which are so absurd and futile. Both of them seem to be nothing but an intrigue by enemy, but actually they are the acts conducted by Japanese by themselves, resulting in cutting their own throats.

Categories: ことのは道中記 新着情報 雑感